Intel、消費電力を大幅に削減した「Haswell」搭載PCは4月~6月に出荷と発表

記事: CM: TB: UV: PV:
最新記事
お知らせ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページをTwitterでつぶやく


Intel、消費電力を大幅に削減した「Haswell」搭載PCは4月~6月に出荷と発表

corei5.png



前世代に比べ消費電力が20分の1なったそうです。

インテル、「Haswell」搭載PCは4月~6月に出荷と発表 ―プロセッサは出荷済み

インテル、「Haswell」搭載PCは4月~6月に出荷と発・ ・プロセッサは出荷済み ガジェット速報

インテルは10日(北京時間)、開発者向けイベント「Intel Developer Forum 2013 Beijing」にて、同社の次世代プロセッサ「Haswell」は既に出荷を開始しており、同CPUを搭載した製品は今年の第2四半期(4月~6月)には出荷されると発表しました。

同イベントでは、PCクライアント事業本部を統括するカーク・スコーゲン氏がHaswellの詳しい説明をおこないました。

スコーゲン氏によると、Haswellは消費電力を大幅に削減しているのが特徴で、前世代に比べて消費電力が20分の1と、「Intelの歴史上最も大きな削減幅になっている」としています。

また、内蔵GPUエンジンが大きく強化されており、Haswellでは最大40個のエンジンを搭載しています(現行製品は16個)。それに加え、「GT3」と呼ばれる上位のGPUでは、専用のビデオメモリとして「eDRAM」を実装することが可能となっているため、ビデオメモリに広帯域幅を必要とするようなハイエンド3Dゲームでも十分にノートPCでプレイできるようになるとしています。

Haswellのリリースは3段階になるとしており、まず6月に2チップ版(CPUとチップセットが別々)クアッドコアプロセッサ、第3四半期に1チップ版(CPUにチップセットが内蔵)、第4四半期に2チップ版デュアルコアプロセッサが市場に投入されます。
【引用元・全文読むには→ガジェット速報

 CPUの消費電力が大幅に削減出来たということはノートパソコンのバッテリーの持ちが良くなりますね。また内蔵GPUも強化されており、ノートパソコンでも気軽に3Dゲームを楽しめるようなのでモバイルデバイスでの使用で、大きく力を発揮してくれるのではないでしょうか。
このページをTwitterでつぶやく


コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

iOS
ios.png

iOS 5.0.1 Jailbreak

- RedSn0w 0.9.10b8b
- sn0wbreeze v2.9

iOS 5.1 Jailbreak

- Redsn0w 0.9.10b6

iOS 5.1.1 Jailbreak

- Absinthe 2.0.4
- Sn0wbreeze 2.9.6
- Redsn0w 0.9.12b2

iOS 6.0~6.1.2 Jailbreak

- evasi0n v1.5.3
- Sn0wbreeze 2.9.10

PCツール

- iFunBox v1.9
- TinyUmbrella 6.12.00
- iFaith v1.5.6
- iTunes 10.6.3

Cydia Tweaks

- TwitterPatcher
- PasswordPilot
- StayOpened
- NowPlaying on Status Bar

Cydia Utilitys

- AppInfo
- ReSpring iOS5

通知センターウィジェット

- BatteryCenter
- WeeSpaces
- iOS 6 Twitter Widget
- Calendar
- AppsCenter
- Now Playing
検索フォーム
オススメ商品
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
255位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンドウズ
74位
アクセスランキングを見る>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。