Wii U、海外でファームウェアアップデート中に電源を落としてしまい本体が故障!報告によれば

記事: CM: TB: UV: PV:
最新記事
お知らせ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページをTwitterでつぶやく


Wii U、海外でファームウェアアップデート中に電源を落としてしまい本体が故障!報告によれば"キャンセルボタン"がなかったとのこと

2012/11/20 22:22 | 任天堂 Nintendo Wii U | TB(0) | CM(0)
Wiiu_20120913215816.png



まあ壊れるのは当然といえば当然ですよね。

Wii Uのファームウェア更新中に電源を落として本体が故障-海外報道

Wii Uのファームウェア更新中に電源を落として本体が故障・海外報道   Game Spark

北米で先行ローンチを切った任天堂の新型据え置きハードWii Uですが、複数の海外メディアにて、本体が故障する可能性があることが報じられています。

既にお伝えしたように、Wii Uは北米での発売初日に、後方互換やMiiverseといった追加機能を含む、大型ファームウェアアップデートが提供されており、ダウンロードとインストールには相当な時間を要することに。このアップデートの実行中に、電源が落ちるなどして作業が中断されると、本体が故障して使用できなくなるのだとか。

これについて海外メディアの記者が任天堂のサポートに問い合わせたところ、「アップデート中のシステムファイルは壊れやすく、何か問題が起こると、本体は故障していしまいます。(壊れた本体は)任天堂に送ってください」との回答が。

重要なシステムファイル更新中に電源が落ちれば故障するのは当たり前では、という指摘ももちろんあるものの、ユーザー報告によると、アップデート適用中は進行バーが表示されるのみで、キャンセルボタンや本体の電源を切らないように注意するメッセージがないため、アップデートに時間がかかりしびれを切らして強制的に中断させてしまったユーザーがいる模様です。

尚、ファームウェアアップデートの正確なファイルサイズは明らかになっていませんが、当初報じられていた5GBというのは誤りで、実際は1GB以下の容量であると言われています。
【引用元→Game*Spark

 キャンセルボタンが無く長い時間待ってたとなるとそれは嫌気がさして電源を切りたくなってしまいますよね…。しかもまだWii Uで遊んでいないのですから。

 ファームウェアアップデートのサイズが1GBほどとは結構ありますね…。買ったばかりの本体に機能を追加するので仕方ないことだと思いますが…。これだけの容量があるのだったら、別途DVDなんかを用意してそれに入れてくれればダウンロードする時間が減るんですけどね。
このページをTwitterでつぶやく


コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

iOS
ios.png

iOS 5.0.1 Jailbreak

- RedSn0w 0.9.10b8b
- sn0wbreeze v2.9

iOS 5.1 Jailbreak

- Redsn0w 0.9.10b6

iOS 5.1.1 Jailbreak

- Absinthe 2.0.4
- Sn0wbreeze 2.9.6
- Redsn0w 0.9.12b2

iOS 6.0~6.1.2 Jailbreak

- evasi0n v1.5.3
- Sn0wbreeze 2.9.10

PCツール

- iFunBox v1.9
- TinyUmbrella 6.12.00
- iFaith v1.5.6
- iTunes 10.6.3

Cydia Tweaks

- TwitterPatcher
- PasswordPilot
- StayOpened
- NowPlaying on Status Bar

Cydia Utilitys

- AppInfo
- ReSpring iOS5

通知センターウィジェット

- BatteryCenter
- WeeSpaces
- iOS 6 Twitter Widget
- Calendar
- AppsCenter
- Now Playing
検索フォーム
オススメ商品
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
255位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンドウズ
74位
アクセスランキングを見る>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。